HOME適性診断&スキルアップスキルアップ豆知識 > コンプライアンス(個人情報保護)

適性診断&スキルアップ

コンプライアンス(個人情報保護)

個人情報保護とは?

個人情報とは、個人に関する情報で、これに含まれる氏名、生年月日その他の記述等により、特定の個人を識別することができるものをいいます。

個人情報保護法とは?

個人情報保護法は、だれもが安心してIT社会の便益を享受するための制度的基盤として、平成15年5月に成立し、公布され、17年4月に全面施行されました。
この法律は、個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護することを目的として、民間事業者の皆様が、個人情報を取り扱う上でのルールを定めています。


個人情報保護のためのルール

利用・取得に関するルール

個人情報の利用目的をできる限り特定し、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱ってはなりません。

偽り、その他不正な手段によって個人情報を取得することは禁止されています。

本人から直接書面で個人情報を取得する場合には、あらかじめ本人に利用目的を明示しなければなりません。間接的に取得した場合は、すみやかに利用目的を通知または公表する必要があります。

適性・安全な管理に関するルール

顧客情報の漏洩などを防止するため、個人データを安全に管理し、従業者や委託先を監督しなければなりません。

利用目的の達成に必要な範囲で、個人データを正確かつ最新の内容に保つ必要があります。

第三者提供に関するルール

個人データをあらかじめ本人の同意を取らないで、第三者に提供することは原則禁止されています。

開示等に応じるルール

事業者が保有する個人データに関して、本人から求めがあった場合は、その開示、訂正、利用停止を行わなければなりません。

個人情報の取扱いに関して苦情が寄せられたときは、適切かつ迅速に処理しなければなりません。

プライバシーマーク制度とは

プライバシーマーク制度は、個人情報の取り扱いを適切に行っている事業者を、第三者機関である(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)及びその指定機関が評価・認定し、その証としてプライバシーマークと称するロゴの使用を許諾する制度です。
NTTマーケティングアクトでは、プライバシーマークを取得し、個人情報保護に努めております。

このページの一番上へ